• 古都京都の夜を楽しむならやっぱりキャバクラ

    2017年06月15日 18:36

    京都は日本の中でも観光名所として有名ですよね。それだけ人が集まるところですので、夜も出張中のサラリーマンや旅行客のために多くの飲食店やキャバクラが営業して、京都キャバクラ、夜遊びと言えば四条河原町~三条河原町、界隈に集中しています。

    男性の京美人への憧れ

    京都キャバクラで京美人に癒されたいという男性も多いようです。江戸時代の戯作者:滝沢馬琴が京都に旅行したときの印象を「京によきもの三つ。女子(おなご)、加茂川の水、寺社(てらやしろ)」と語っています。このくらい理想の日本女性といえば、京都女性とされ、女性の美の典型美とされてんですね。秋田美人、京都美人、博多美人が「日本三大美人」といわれるくらい京都の女性は美人が多いといわれています。

    京美人といえば、象徴的な存在として舞妓さんを思い浮かぶのではないでしょうか。白のお化粧をしたお肌、華やかなお着物、美しい所作などです。特別な存在として、魅惑のベールに包まれた舞妓さんは、女性だけでなく全ての方から憧れられる存在でしす。言葉ははんなりとしていて、きつい内容でも柔らかくかわいく聞こえるのが特徴的ですね。さすがにキャバクラで舞妓さんには会えませんが、かわいい京都弁でしゃべってみたいと思ってキャバクラに行っていくという男性も多いのでしょうね。

    京都の土地柄が京美人を育てる

    また、京都美人の最大の魅力は、その上品さでしょう。古の神社仏閣が多く残っている土地柄からか歴史や伝統を重んじる京美人は、地元を誇りに思い、それに恥じないような女性を目指しているため、美意識も格段に高いようです。そのため京都には美人を磨くためのアイテムがたくさん誕生していますよね。あぶらとり紙で超有名な「ちどりや」は京都発祥です。他にも京都の女性の美しい黒髪を長きに渡って守ってきた椿油の老舗「かずら清老舗」は140年前に京都で創業したお店です。これらを求めて全国から多くの女性が集まります。アイテムにも表れているくらい京都は美への意識が高い女性が多いのですね。

    言葉や上品さだけではなく、男性がメロメロになってしまう要素がたくさんあります。おっとりした性格や自分をしっかりと持っていること、料理上手なイメージなど外見的な美しさはもちろんですが、やはり京都美人は内面的にも優れている部分や自分の意見をしっかりともっている芯の強さが魅力的といった多数のようです。このような美しい女性に会いたいという思いでキャバクラで夜を楽しむ男性が多いんですね。

  • 1