• 京都のスナックは庶民的で通いやすい雰囲気

    2019年02月07日 10:26

    京都のスナックは、割合リーズナブルな予算で楽しめるので馴染みのお客様が多め。

    さらに庶民的でオープンな雰囲気のお店が多いのため、気軽に通いやすいのも特徴です。

    スナックでバイトをするメリットは週に1回の勤務、また一度の勤務時間が4時間前後など限られた時間でも働けること。

    女の子の都合にあわせて柔軟に対応してくれるから、Wワークにも最適です。

    スナックの仕事ってどんなもの?

    スナックはカウンター席とテーブル席を設けたお店ですが、比較的小規模なところが多い傾向です。

    京都のスナックのなかには営業を始めて20年、30年と長期間経過するお店もあり、地元の常連客から熱烈に支持されているケースも。

    長年スナックに通うお客様もいるため、年齢層は20~50代、さらに60代の方まで幅広く愛されているのが特徴です。

    カウンターレディの仕事は、お客様が注文したお湯割りやカクテルなどをつくることや、おつまみの提供などがメインで、ほとんどのスナックはカウンター業務が中心です。

    飲食店免許で営業しているスナックが多いので、お客様の隣に座って接客をする、一緒にカラオケを歌う、手拍子やタンバリンでカラオケを盛りあげるなどの行為は風俗営業許可が必要になるため禁止されています。

    心配なときは体験入店でどこまでの業務を要求されるのかを見極めておくと良いですね。

    もしお客様の隣でお酌をする、お喋りをするのであれば風俗営業の許可をとっているはずです。

    スナックで働くときの服装は?

    スナックにより服装の規定が違うのですが、お店側がレンタル衣装を用意しているパターンもありますし、女の子が自腹で用意することもあります。

    さらにへアメイクをセットする専門スタッフがスタンバイしているお店もあるので、入店前の面接でお店の規定や衣装についてよく聞いておくことです。

    あとで「言った、いや言わない」と揉めることのないように、メモをとっておくと参考になりますね。

    女の子が熱心にメモをとっていると、採用する側も「この子はしっかりしている」とグッと印象も良くなります。

    スナックの時給について



    スナックの時給は約2,000円前後が一般的です。

    キャバクラやクラブほど高い給与は望めませんが、スナックはカウンター業務がメインなので割のよいバイトです。

    客層が20代~50代と幅広いため、40代後半のカウンターレディも多数活躍しています。

    40代女性もどんどんチャレンジできる環境なので、ナイトワークに興味のある女性はスナックの面接を受けるのがおすすめです。

  • 1